家族・女性・モラハラ問題研究の「おーぷんざはーと」



おーぷんざはーとは、2021年4月で30周年を迎えました
某学校法人スクールカウンセラー勤続15年。

 

女性のためのカウンセリングルームとして誕生した、小さな小さな隠れ家的な場所、それが「おーぷんざはーと」です。

家族問題・モラルハラスメント問題の研究、執筆業、そしてそれに伴った相談業務をメインに活動してきて30年。対面、電話、有料記事によるカウンセリング・相談業務を行っています。

(執筆、取材、などのご依頼は、まずはお仕事依頼用お問い合わせフォームからご連絡ください)

カウンセリング、相談のお申し込みはこちらから

 

面談、電話相談ともにSQUAREシステムを使ってのカード払い決算が可能です。

SQUARE
SQUARE対応カード(SQUAREサイトより)

最新のお知らせ



ごあいさつ(2021年秋バージョン)

「カウンセラーが語るモラルハラスメント」(晶文社)「モラハラ環境を生きた人たち」(而立書房)
カウンセラー著書 「カウンセラーが語るモラルハラスメント」(晶文社)「モラハラ環境を生きた人たち」(而立書房)

家族問題、子育ての問題、職場の問題、特にモラルハラスメント問題に熱く取り組んできました。
著書、共著、参加書籍など多数あります。

おーぷんざはーとは、来訪をカウンセラーが指示するなどは一切ありません。
「自分が使っているツール」として、あなたが来たいときに来ていただくという形を取っています。不思議と、皆さん、ご自分のペースで定期的に来て下さっているのは、ご自身の心のゴミのたまり具合を判断できておられるからかも知れませんね。
モラハラ問題は心にゴミがたまりやすい。そのたまり具合を自分で把握できるということはとても大事なことになってきます。

心がしんどくなったとき、特にモラハラ問題で自分がわからなくなったとき、是非、おーぷんざはーとを使ってみて下さい。

はじめは、モラハラの問題やその他、特定の問題で来所していただいた方も、その後も、日常でたまる心の荷物をはき出す場、なんでも話せる場として、心のゴミ箱として長く利用頂いているのが「おーぷんざはーと」の特徴です。

30年、家族問題、モラハラ問題に向き合ってきた私にあなたの心の整理のお手伝いをさせて下さい。

誰かに聞いてほしいけれど、友人や親にも話しにくい・・・・。そんなとき、こうした専門の相談室を〝使う〟
その選択肢の一つとして、あなたの道具として、「おーぷんざはーと」をご利用いただけたら幸いです。

カウンセラーは守秘義務がありますので、ここで話されたことは、決して家族の方であっても、ご本人の許可なく、お伝えすることは一切ありません。安心して、どんなことでもお話し下さい。

また、心がしんどすぎて、医療を使った方がいい、その方がご本人が楽になると判断したときは、心療内科などの医療をお勧めさせていただくこともあります。楽になる選択肢としてのお勧めですので、決してあなたが「病んでいる」という判断ではありません。

心の相談業務をするものは、その人の状態をしっかり把握して、最もその人が安全に楽になる方法をお伝えすることも大事な役割だと思っています。
そして、その判断は、しっかりと「アセスメント」を学んでいないとできないことでもあるのです。

身近なあなたの心のための道具としての「おーぷんざはーと」。
役はあなたです。そんな道具としてあなたに選んでいただける「おーぷんざはーと」で居続けたいと思っています。

カウンセリング、相談のお申し込みはこちらから



日本人が日本人の為に書いた初めてのモラハラ本の共著者の一人です

「おーぷんざはーと」はモラハラ問題に熱心に取り組んでいます。
2007年に出版された、日本人による日本人のために日本で初めて出版されたモラハラの専門書「Q&A モラル・ハラスメント」(明石書店・11刷にて現在廃版)の共著者として参加して以来、モラハラ問題に取り組み続けています。
その後、単著として「カウンセラーが語るモラルハラスメント」(晶文社)「モラハラ環境を生きた人たち」(而立書房)などを出版し、多くの人たちに「自分もモラハラの被害者かも? 加害者かも?」と気づきを提供できたこと、誇りに思っています。
多くのモラハラ問題当事者の方々に寄り添いながら、そして常に学びを深めながら、今後もこの問題に取り組んでいきたいと思っています。


小さなワンルームの一室で〝隠れ家〟的に運営している「おーぷんざはーと」。 待合室などもございません。 ご予約の時間を守っていただけたら嬉しいです。 何度もお引っ越ししていますが、面談室の構図はいつも同じにしています。 い […]