カウンセラー著書紹介

カウンセラー:谷本惠美の著書

「モラハラ環境を生きた人たち」(而立書房)

 

モラハラとは何だ? 加害者とは? 被害者になりやすい人とは? そんな書籍や雑誌の特集が多い中、この本は、被害者自身自身の心理状態に焦点を当てて書かせて頂いています。
被害者の陥りやすい心理状態を知ることは、実は、「モラハラ」を知る一番の近道と言えるかも知れません。
私は、モラルハラスメントという問題、その言葉を加害者を糺弾するためのものではなく、被害者、被害経験者の方の陥りやすい心理状態を知り、自分の状態に気付き、自分の人生を生きていくためにその気づきを利用し、自分に向き合って、「自分の人生を生きて」欲しい。そしてそうすることが本当の意味でモラハラから遠ざかることなのです。

 

「カウンセラーが語るモラルハラスメント」(晶文社 6刷り)
是非、ご一読ください。

 

 

モラハラ被害者に向けた、読むカウンセリングブックです。
「自分の人生」を取り戻すために・・・・是非ご一読下さい。
タレントの三船美佳さんが、離婚裁判の際、裁判所に提出されて話題になりました



 

「Q&Aモラルハラスメント」(明石書店)

 

こちらはすでに、廃盤となっております。
日本ではじめて日本人によって書かれたモラハラ本。10刷まで刊行されました。
現在は、図書館などでお読みいただけます。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)